効果を知れば取り入れたくなる!スポーツと水素水の関係

最新の免疫療法でがん治療だけではなく脳梗塞と動脈硬化もアプローチ

水素水による抗酸化作用で体感できる3つの効果

健康的でキレイな体作りをしたいと運動やストレッチを続けています。体の中に不要な活性酸素が溜まると、代謝が落ち老廃物が溜まります。老廃物が溜まると、美容面にも健康面にも悪影響が出るため、水素水を取り入れています。水素水は体の中の老廃物を排出し、代謝を上げてくれる効果があるため、おかげでむくみもなく、動きやすい体を保っています。脂肪を燃焼し、疲れにくい体作りには欠かせないものだと思っています。

代謝がアップし痩せやすい身体になる(ジムトレーナー/20代/女性)

スポーツをしていて、必ず経験する「筋肉痛」ですが、筋肉痛にも水素水が良いと聞き、積極的に取り入れています。トレーニングをすると、筋繊維が断裂し、炎症を起こすことで筋肉痛になります。水素水はその炎症を沈める効果が高いと実感しています。痛みがあると、トレーニングを続ける意欲も下がってしまいますが、水素水のおかげで筋肉痛の治まりが早く助かっています。水素水が身近にあるのとないのとでは、メンタル面での影響も大変大きいと思います。

筋肉繊維の炎症を抑えられる(体操教室指導/30代/男性)

部活で生徒にランニングをさせるために、自分自身も一緒にランニングするのですが、ランニングと活性酸素との関係が前から気になっていました。特に夏の炎天下での練習では疲れやすく、疲労した時の回復にも時間がかかってしまいます。疲れにくく、体力が持続するのをサポートしてくれるようなものがないかと探している時に水素水に出会いました。水素水について調べると、疲労物質の除去にも役立ち、筋肉の回復にも効果が期待できるとのことで、水素水を取り入れるようになりました。

身体に疲労が蓄積しにくくなる(体育教師/20代/女性)

水素が疲労回復をサポートしたり、体力が持続しやすくなったりするなどの効果が期待できると聞くと、何かの薬剤や薬を想像して、スポーツの時に使用してルール違反にはならないだろうかと心配になる人も多いかと思います。水素は薬品でもなければ薬剤でもなく、もともと空気中や私たちの呼気の中に存在するものなので、無害なので心配しないでください。体内に残った水素も、活性酸素と反応して水から尿になって体の外へ排出されるか、呼吸とともに排出されるかのどちらかです。スポーツマンが水素を取り入れても、ドーピングなどには決してならないので、心配しないでください。

水素水の飲み方

水素はもともと空気にも含まれる物質で、私たちは知らず知らずのうちに体の中に取り入れています。水素水を飲むとトイレが近くなる場合がありますが、アレルギーを起こすようなものもなく、もちろん副作用もありません。まれにお腹がゆるくなる人もいますが、便通を良くする成分の入った水素水を飲んだからであり、体の中の活性酸素を排出する際の作用であるとも言われています。それらの症状は一時的な物である場合がほとんどですが、長く続くような場合は医療機関を受診することをおすすめします。水素に副作用がないことは、厚生労働省も食品添加物と認めていることからも汲み取ることができます。

TOPボタン